ムクナ豆の収穫

ムクナ豆の収穫を始めて今日で4日目です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-03-10-23-24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-03-10-23-49

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムクナ豆を栽培した畑には、ビニールハウスの枠組みがあります。

ムクナ豆の栽培にこの場所を選んだのには理由があります。

ツルが伸びてその枠組に巻き付けば台風に持ちこたえる

ことができるだろうと考えたことです。

台風の被害には免れましたが、猛暑だった今年、枠組みの熱で茎の部分と

ツルがあまりにも巨大になってしまい、収穫とかたずけが難航しています。

まるでジャングルの中に、かき分けながら入っていく感じで

高枝切りばさみと棚の糸切りばさみを使って”パチパチ”と作業をすすめています。

落としたムクナ豆はハウスカーのコンテナに入れていきます。

終わるころには枯葉の破片がいっぱい服や顔にくっついて2人で大笑いです。

タオルではたいてみても綺麗にはとれません。

初日は、おやつを買うのにコンビニにも入れなかったのに2日目から

コンビニに行けるようになり

今日はこんな姿で、町内のレストランにランチにも行けるようになったんです(笑)。

 

”インドでは、どうやって栽培しているのだろうと?”という疑問で今日も終わりました。